既卒就活に役立ったおすすめ本4選【読んだものだけ】

「既卒就活を有利に進めたい、おすすめの本を教えてほしい…」

こんにちは!くりです。

ぼくは中退歴2回&既卒で、年休128日・海外出張ありの会社に内定を頂きました。

その間、たくさんの本を読んできました。

「本当に読んでよかった!」

と思う本があるので、ぜひ既卒就活生に読んでほしいです。

※ちなみに本屋に並んでいる就活本は役に立ちませんでした。例えるなら家電の説明書のようなもの。じっくり読んでも得るものが少ないです。

既卒就活におすすめの本

1.ツキを呼ぶ「魔法の言葉」

本当に役に立ったのがこの本。

「ツキを呼ぶ「魔法の言葉」」です。

一発目から就活本ではないのですが、これに救われました。

ぼくがホワイト企業に就職して、優しい人達と働けているのはこの本のおかげだと思います。

内容はこんな感じ。↓

著者がイスラエルに旅行中であったおばあちゃんに、

「言葉は自分を作るんだよ」

と言われます。

そして魔法の言葉を授けられました。

  • ありがとう(嫌なことがあったとき)
  • 感謝します(いいことがあったら)
  • ツイてる(前を向きたい時)

これを生活の中で唱える、と言うものです。

ぼくは既卒就活中、

「ツイてる、ツイてる」

と心の中で唱えまくっていました。

さらに、

  • 「どこにも受からなかったらどうしよう…?」
  • 「面接で傷つくんじゃないか?」

などとネガティブなことが思い浮かんだ時に、

「ツイてる、ツイてる」

と連呼していました。

するとなぜか、すーっとネガティブ思考が消えてるんです。

これは本当に、人生を変えそうな経験です。

さらにぼくがネガティブなことを言わなくなったら、悪口やイヤミを言う人が少ない職場に入ることができました。

類は友を呼ぶ

って本当にあるんですね。

就活本なんて買っている場合ではありません。笑

今すぐにこの本を買ってください。リアルに人生変わります。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」

2.凡人内定完全マニュアル

次は、「凡人内定完全マニュアル」です。

この本は、凡人でも大手企業に内定できる戦略が載っているもの。

「人柄で勝負する」

というのは、就活初心者だったぼくは目から鱗でした。

この本を読んでからは、面接のときに人柄を出すように気をつけました。

内定をもらった会社も、人柄重視だったかなと。

しかもそういう会社は職場環境が良い気がします。

あと自己PRも例文が載っているので、全文写経をしたり、使える文章は抜き出して使っていました。

一つ欠点を挙げるなら、文章がキツいこと。あまり読み返したくなりません笑。頭には入りますが。

とはいえ、ぼくの既卒就活で非常に役に立ちました。おすすめです。

凡人内定完全マニュアル

3.「使える人材」を見抜く 採用面接

この「「使える人材」を見抜く 採用面接」は、面接官用のものです。

使える人材を採用するルール、みたいなのが載っています。

なので、

どういう人を採用したいか

が分かります。

正直、あまり内容を覚えていないのですが、

「じぶんは面接官用の本まで読んでいる。ほかの就活生にこんな戦略的な人はいない」

と精神的優位に立つことができました。笑

自信をプラスしたい人におすすめです。

「使える人材」を見抜く 採用面接

4.小さな会社★儲けのルール

この「小さな会社★儲けのルール」は、ビジネス本です。

まったく就活とは関係ありません。笑

しかしぼくが就活の戦略を立てたときに、一番役に立った本でもあります。

この本は、中小企業が生き残る戦略が書いてあります。

例えば、

  • 「美容院はメンズショートカット専門にして、他社との違いを出せ」
  • 「東京に行くな、凡人は田舎で勝負しろ」

と書いてあります。

これを利用してぼくは、

  • 「建築学生だけど、英語を強みにする」
  • 「東京都心部の会社は受けない」

を徹底しました。

とにかくライバルを少なくする、ということです。

そして1社目で内定を貰いました。

ロングセラーのビジネス書ですが、就活に役立ちます。

興味のある方におすすめ。

小さな会社★儲けのルール

まとめ

本はコスパ最強です。

読むだけでレベルアップができます。

ここで紹介しているのは、すべてぼくが内定をもらうのに役立った本なので、できるだけ読んでほしいです。

多少の身銭を切って、良い会社に就職すればオッケー

ですね。

ゆっくり、焦らず、自分のペースで進めていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です