既卒就活、高望みはNG【謙虚に行こう】

「既卒就活、ワンチャン大手行けるかな…?」

こんにちは!くりです。

既卒就活を始める時には悩むのは、

  • どのくらいの会社に行けるのか

だと思います。

最初は、

「意外と大手に行けるんじゃないかな?」

と思うかと。ぼくも思ってました笑。

しかし!その願いは大体叶いません。

結論:既卒で大手は無理、狙うべきは中途採用のホワイト中小企業

実体験をもとに、詳しく書いていきます。

既卒就活の高望みはNG

既卒就活では、高望みはNGです。

ぼくもはじめは、

「もしかしたら、ひょっとしたら大手行けるんじゃないかな?」

と思っていました。

しかし今だから言えますが、ほぼ無理だと思います。

大手企業は就活生集めに困りません。

もともと知名度があるからです。

就活時期がスタートするときに、大量のエントリーがされます。

有能な就活生の集まりの中で、既卒者はまともに相手をされるでしょうか。

面接官は面接の連続で疲れています。

そんな時に、

「既卒?なんか闇ありそうだし怖い、ハジこっとw」

と対応するのもめんどくさい気持ちだと思います。

もしあなたが面接官だとして、

  • フレッシュな就活生
  • 闇がありそうな既卒生

どちらを選びますか。

既卒の方が少し優秀だとしても、前者を選ぶと思います。

そのくらい不利な状況です。

大手子会社の説明会に行って分かったこと

ぼくは、

「大手は無理だけど、大手子会社ならいけそう!」

と謎の根拠のもと、会社説明会に行きました。

もう就活時期が過ぎていたため、人事の方と一対一になりました。

既卒のことを説明すると、

「うーん、あそこは色々やる学生が集まっているからね」

と言われました。

たぶん休学、留年、既卒など、道を外すことをネガティブに捉えているんだなと。

その後に、ぼくの中退前の大学名を聞いて、

「あそこは真面目な人が多くて、結構採用してるんだけど」

と言っていました。

この二つをまとめると、

「既卒は不真面目そう、新卒がいいや」

みたいな感じです笑。

この時は割とショックでしたが、よく考えるとその通りなんですよね。

会社に入ってから教育していく上で、真面目で誠実そうな新卒が優先されて当然です。

高学歴、大学院退学なら当てはまらないかも

しかし高学歴や大学院退学なら、その限りではないかもです。

なぜなら

努力してきた証

があるからです。

会社に入っても仕事をこなしてくれそうで、しっかりトライアンドエラーもできそう、と捉えられるかと。

その場合、中途採用だけではなく、新卒採用も受けた方がいいと思います。

ぼくは低学歴だったので諦めました。

戦略的撤退です笑。

既卒は中途採用のホワイト中小を狙おう

「既卒で大手は高望みか、、、じゃあどこに就職すればいいの?」

この答えはこちらです。↓

中途採用でホワイト中小企業を狙う

中途採用では、新卒は応募しないので一気にライバルが減ります。

そして人手不足の時代、求人を出している中小企業はわんさかあります。

ぼくは中小企業を2社受けて、1社内定、そのまま就職しました。

スラーっと入社したので、ストレスが新卒の時の1/10でした。

「戦わずして勝つ」

と孫氏の兵法に書いてあります。

その言葉通りで、

  • ライバルだらけの新卒で勝負して消耗するより、
  • ライバルの少ない中途でサクッと内定をもらう

方が絶対に良いと思います。

ストレスがないのは本当に大事。

就活より、職場の人間関係の方が300倍大事なので、就活なんてサクッと終わらせましょ笑。

ホワイト中小企業をどこで見つけるか

そして、ホワイト中小企業をどこで見つけるかですが、就職エージェントで見つかります。

ぼくが利用したのは就職Shopです。

就職Shopでは、実際に取材した企業の求人しか載せていません。

なので、年間休日や残業時間が先に分かるんです。

ぼくは年休120日以上、残業10時間以内で探してもらいました。

そしてピッタリな求人を見つけてもらい、運良く内定し、就職しました。

先に職場の雰囲気がわかるのは、就職エージェントくらいでしょう。

ぼくがホワイト中小企業に就職できたのは、ほぼ就職エージェントのおかげ。

ぜひ利用してみてください。↓

既卒・フリーター向けの就職相談なら【就職Shop】

まとめ

既卒就活では高望みNGです。

ぼくも既卒の大手内定体験談を読んで高望みしかけたのですが、あれは

東大合格体験記を読んでやる気が出たけど、自分はそのレベルの人間ではなかった

みたいな感じ笑。

謙虚にホワイト中小企業を狙う方がおすすめです。

ストレスを少なくして、徐々に成長していきましょ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です