既卒は新卒・中途採用、どちらで挑むべき?【経験談で語る】

「既卒就活をはじめてみたけど、新卒か中途採用で選べるんだ。どっちのほうがいいかな?」

こんにちは!くりです。

既卒就活生は、

  • 新卒採用
  • 中途採用

の2択を選ぶことができます。

なので、どちらがいいのか迷いますね。

ぼくは中退2回&既卒で就活をして、年休128日・海外出張ありの会社から内定を頂きました。

この経験から、新卒vs. 中途の決着をつけたいと思います。

結論:中途採用が超絶おすすめ

詳しく書いていきます。

既卒者は中途採用を狙おう

ぼくは既卒者には、中途採用を強く勧めます。

新卒に比べて、中途はライバルが少ないからです。

新卒採用に受かるのは優秀な既卒者だけ

新卒の会社説明会に行った時に、

「既卒者が新卒で受かるのは、かなり優秀なんだな」

と、思いました。

まず、既卒者はほかの就活生の一歩後ろです。

面接官にも、

「あ~、既卒なんだね」

と若干下に見られてのスタートになります。

この蔑みを乗り越えて、「採用したい!」と思わせるには、しっかりとした準備がひつようですし、さらに魅力的な人間でなければいけません。

ぼくはそんなのは持ち合わせていないので、そうそうに諦めました。笑

「いや、でもなんかいけそうな気がする!」

と思う方は挑んではいいと思います。

ただおすすめはしません。

負ける戦いを続けていると、病みます。ストレスも相当なものになるでしょう。

なので、はじめから勝てそうな戦い(中途採用)だけに焦点を合わせる方が良いと思います。

大学院中退・高学歴なら新卒でも戦える

おそらく、大学院中退か高学歴と言われる大学出身なら、新卒でも戦えると思います。

なぜなら、

努力した証

が備わっているからです。

しっかりと準備をすれば、新卒でも採用されるでしょう。

ぼくは低学歴なので、すぐに退散しました。笑

ネットの既卒就活生の体験談を読んで、

「もしかして、自分でも大手にいけるのか!?」

淡い希望を持っていたころが懐かしいです。

そういう体験談は国公立理系出身が多いのを、のちに気づきました。

中途採用のメリット

中途採用のメリットを書いていきます。

ライバルが少ない

新卒の求人なら、全国の就活生が応募してきます。

ライバル多すぎます。

一方、中途採用はとにかくライバルが少ないです。

そもそも中途の求人って、どこでみられるのか分かりづらいですね。

(ぼくは就活エージェントを利用しました)

そういった意味でも、ライバルが少ない。

ぼくが内定を頂いた会社では、全然応募者がいなかったそうです。

そこにすちゃっと入りました。

戦うときは、本当にライバルは少ないほうがいいです。

ストレスなく勝って、そこで努力して、自分の良さを伸ばすほうが、格段にコスパ良いと思います。

中途採用はすぐに働ける

あともう一つの大きな違いは、入社日にあります。

  • 新卒なら4月入社、
  • 中途ならすぐに入社です。

ぼくは採用されてから、2週間ほどで入社日を迎えました

「入社日までどうせ2~3ヶ月はあるだろうから、ネットフリックスで海外ドラマ見まくろー」

と思っていたので、あと2週間と言われたときは衝撃でした。笑

既卒者はマイペースな方が多いと思います。

もし新卒で4月の入社日まで待たなくてはいけない状況なら、気持ちが変わってしまう危険性があります。

それなら、「働くぞ!」という気持ちを失わないうちに、中途で働いたほうが良いですね。

中途採用のデメリット

中途採用のデメリットを書いていきます。

新卒に比べて、研修が充実していない

新卒採用なら、何週間、数ヶ月かけて研修を行います。(会社毎に違いますが)

しかし中途採用だと、あまり用意されていないなと。

ぼくのところも研修がほぼないので、ネットで調べるか、上司から教わるかで乗り切っています。

とくに不満には思いませんが、新卒と中途の差はありました。

福利厚生が充実していない

新卒に比べて、中途の方が福利厚生・年間休日・残業時間などで負けていると思います。

でもそれらは、良い会社に入るためにちゃんと努力した人の特権です!

ぼくら既卒は、自分がはたらける環境で、謙虚に努力をするべき。

それから福利厚生が充実した会社に転職するのが良いかと。

就職はスタートライン、いつでも転職できる

  • 就活なんてスタート前、
  • 内定が取れてスタートライン

にようやく立ったことになります。

就職した会社が良いところなら、働き続けられるし、イヤだったら転職することもできますね。

とにかく自由に選択ができるので、あまり気張らないで就活することをおすすめします。

まとめ

ぼくは既卒者に、中途採用を推します。

ライバルが少なくて、楽な就活ができるからです。

ストレスなくサクッと終わられるのが得策です。

急がず、焦らず、自分のペースで進めていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です