既卒面接、なぜ就職しなかったのかは「真実」を答えよう

「既卒の面接、なぜ就職しなかったのか聞かれると困る、、、大した理由もないし。どういう風に言えば良いんだろう?」

こんにちは!くりです。

既卒面接では必ず聞かれることがあります。

それは、

なぜ就職しなかったのか

です。

これ聞かれると、困りますよね…。

正解がない問題ですが、ぼくが実際に既卒面接で答えた理由をここに書きます。

結論:真実を語ろう。ウソはNG。

詳しく書いていきます。

既卒の面接で、なぜ就職しなかったのかは真実で答えよう

既卒の面接では、

なぜ就職しなかったのか

を必ず聞かれます。

しっかりと答えを用意しておかないと、本番焦るタイプの質問です。

しかし、答えは簡単です。

全て真実を語りましょう。

事実を言えばいいだけです。

ぼくの答え方

ぼくはこう答えました。↓

以前周りに流されて入った大学を、中退してしまったことがある。

自分で決めきれないことを無理に進めるのはいけないと思った。

大学4年時、将来に迷いが生じたため、無理に決めず、もう少し悩むことにした。

こんな感じです。

ここで大切なのは、反省している感を出すことです。

面接官的には、

既卒=失敗

のイメージがあります。

自分では「失敗じゃないよ」と思っていても、相手から思われている可能性大。

なので、しっかりと反省している感を出しましょう。

間違っても、

「既卒で何が悪いんですか?」

みたいな答え方はいけませんよ。

謙虚で誠実なひとが採用されやすいです。

あなたも面接官だったら、そういう人と一緒に働きたいですよね。

ウソをつくのはNG

「真実を言ったら絶対マイナスにとられるよ…。嘘ついた方がいいよね、、、」

と思っても、ウソはNGです。

面接官は色んな人を見てきて、嘘をたいてい見抜きます。

なのでウソはバレますね。バレたら終わりです。

仮に採用されたとしても、その後ずっと嘘がバレるか不安なまま働くことになります。

そんなのイヤですね。

自分に嘘をついて、未来の自分なんて信じられるわけないですし。

ということで、面接では真実を話しましょう。

ぼくは中退歴が2回あるのですが、しっかり履歴書に書きました。

履歴書の右側、めっちゃ埋まってるんです。笑

こんなぼくでもホワイト企業に就職できたので、あなたも大丈夫。真実を話しましょう。

どう答えれば良いのか

「ウソはバレるのか、、、真実を話すとして、どう答えれば良いんだろう?」

とお考えの方に、話す順番を説明します。

  1. 真実
  2. 反省
  3. 生かし

この順番で話せば合格点だと思います。

ぼくは先ほどの真実を言った後、

反省:親や周りを心配させてしまった。早く安心させたい。

まで言いました。

余裕があるなら、「この経験から生かせること」まで話したら良いと思います。(なかったらないで良い)

もしくは、この失敗から就職したら生かせることを話すと印象が良いです。

自分の働いているイメージを面接官に想像させれば、他の就活生より一歩先に行けます。

ぼくは、

今までの経験上、好きなことなら熱中できて長く続きます。御社の事業は私の好きなこととマッチしているので、全力で働くことができます。

みたいに言っていました。

既卒のマイナスイメージを、最後に取り返す感じです笑。

意気込みは大事ですね。

まとめ

既卒面接で、なぜ就職しなかったのかを聞かれたら、

真実で答えましょう。ウソはNGです。

そして「全力で働けますよ」アピールをすれば印象良くできます。

もちろん、面接前に準備していきましょう。

ゆっくり、焦らず、自分のペースで進めていきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。